【FAQ】トライテラスの導光板紹介

こんにちは!

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

これまで、導光板についてご紹介してきましたが、

今回はトライテラスができる、3種類の導光板についてご紹介します。

トライテラスは、写真のように3つの加工方法で導光板を作成することができます!


1.TRiTERASU PANEL(トライテラスパネル)

 特許を取得している、超音波でドットの加工を施した導光板です。

 1枚のアクリル板で片面、両面を光らせることができ、

 サインなどの中に入っているあかりとしてだけでなく、

 ドットの光のキラキラ感を活かしたディスプレーや照明としても活用できるパネルです。


2.SMART CRYSTAL SIGN(スマートクリスタルサイン)

 レーザー加工による彫刻された部分が発光する導光板です。

 細かなデザインの表現ができるため、文字や模様などのお好みのデザインを

 くっきりと光らせることができます。

 よく見ると、光っているのは加工部分だけ。“透けながら光る”美しさが特長です!


3.Reneon(リネオン)

 NC加工を施した、曲線を立体的に美しく発光させる導光板です。

 ドリルのようなもので削っていくため、デザインに制限はありますが、

 ネオン管サインのように、ぷっくりとしたデザインを表現できます。

 RGBのLED(フルカラーのLED)を使うと、まさにネオンのようなあかりに!

トライテラスの導光板では、上記3つの加工方法を組み合わせて製作することも可能です。

いろいろな加工方法を組み合わせたデザインは、次回ご紹介します!

0コメント

  • 1000 / 1000